スポンサーリンク

ホールケーキとショートケーキの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「ホールケーキ」と「ショートケーキ」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもお祝いごとなどで食べられるケーキのことですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「ホールケーキ」と「ショートケーキ」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

ホールケーキの定義

「ホールケーキ」を広辞苑で調べると、

(和製語whole cake)完成した形のまま切り分けていないケーキ。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ホールケーキ」は、ひとまとまりになっているケーキであることが分かりました。

「ホールケーキ」はひとまとまりのケーキを焼き上げ、それを切り分けて食べる形式のケーキです。「ホールケーキ」は号という単位で表され、1号あたりは直径3㎝になりケーキのサイズが1号大きくなるにつれ3㎝ずつ直径が大きくなります。1~2人分の目安は3号(直径9cm)とされています。

ショートケーキの定義

「ショートケーキ」を広辞苑で調べると、

洋菓子の一種。スポンジ‐ケーキを台として、それを重ねた間や上に、クリーム・果実などをのせたもの。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ショートケーキ」は、スポンジケーキを台としてその上にクリームや果実などをのせた洋菓子であることが分かりました。

「ショートケーキ」の由来は、スポンジにショートニングを使用することに起因すると言われています。また、「ショートケーキ」を日本で初めて誕生させたのは、不二家の創業者である藤井林右衛門と、その洋菓子職人です。

「ショートケーキ」の土台は日本ではスポンジケーキを使用するのが一般的ですが、アメリカではビスケットと呼ばれる土台生地を使います。このように、同じ「ショートケーキ」でも地域によって様々な作り方があります。

created by Rinker
¥9,900 (2024/07/21 11:13:46時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「ホールケーキ」と「ショートケーキ」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • ホールケーキは「ひとまとまりになっているケーキ」
  • ショートケーキは「スポンジケーキを台としてその上にクリームや果実などをのせた洋菓子」

となり、「ホールケーキ」はひとまとまりになっているケーキであるのに対し、「ショートケーキ」はスポンジケーキにクリームや果実などを乗せたケーキであることが分かりました。

他にもケーキや菓子の違いについてまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました