スポンサーリンク

知ってる?食パンとパンドミの違い。そもそもパンドミってなに?定義は?広辞苑より。

食べ物

食パンとパンドミの違い、あなたは説明できますか?

そもそも「パンドミってなに?初めて聞いたんけど…」という人も多いはず。

このページを読めば「食パン」と「パンドミ」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

食パンの定義

大きな長方形の箱形の型を使って焼いたパン。薄く切ってトーストやサンドイッチにする。

広辞苑 第七版 1467Pより [発行所:株式会社岩波書店]

「食パン」という言葉自体が日本の造語で、広辞苑の通り「大きな長方形の箱形の型を使って焼いたパン」意外の決まりはないようです。

パンドミの定義

「パンドミ」を広辞苑で調べましたが掲載はありませんでした。

なのでWikipedia等で調べたところ、「パンドミ」は「パン・ド・ミ」もしくは「パン・ド・ミー」と表記され、フランスが語源のようです。

フランスではフランスパンのような皮を楽しむのが一般的ですが、逆に中身を楽しむためのパンを「パン・ド・ミ」と呼ぶことが多いようです。

また日本で言う「パン・ド・ミ」は「皮が薄かったり皮が少しカリっとしていて、中身が多いもの」を指すことが多いようですが、明確な定義はないようです。

created by Rinker
¥9,900 (2021/12/02 14:44:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「食パン」と「パンドミ」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 食パンは「大きな長方形の箱形の型を使って焼いたパン」
  • パンドミは「皮が薄かったりカリっとしていて中身が多いもの

となります。

食パンの定義は非常に広いため、「パンドミ」は「食パン」に含まれている言葉となります。
「パンドミ」を「食パン」と言っても間違いではありません。

またパンドミには明確な定義されているわけではないようですが、一般的には皮の厚みや食感に特徴があるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました