スポンサーリンク

説明できる?生クリームとホイップクリームの違い。定義は?広辞苑より。

食べ物

生クリームとホイップクリームの違い、あなたは説明できますか?

そもそも白いクリームをとりあえず「生クリーム」と呼んでいる人も多いはず。

このページを読めば「生クリーム」と「ホイップクリーム」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

生クリームの定義

(カスタード-クリームなど加熱して作るクリームに対していう)牛乳から分離した淡黄白色の脂肪分。洋菓子や料理の材料とする。クリーム。

広辞苑 第七版 2185Pより [発行所:株式会社岩波書店]

ホイップクリームの定義

「ホイップクリーム」を広辞苑で調べたところ、「ホイップ」でのみ掲載がありました。

卵白や生クリームを攪拌かくはんし泡立てること。「―‐クリーム」

広辞苑 第七版 2660Pより [発行所:株式会社岩波書店]

広辞苑を見る限りだと、生クリームを泡立てる(ホイップする)とホイップクリームになる。
つまり、生クリームとホイップクリームの原料は同じものと読み取れます。

しかしWikipediaを見てみると、生クリームは「生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分を18.0%以上にしたもの」と乳等省令により定められているそうです。

そのため、一般的には牛乳から取り出した脂肪分を「生クリーム」と言い、「生クリーム」や「純生クリーム」などと表記されて売られています。

一方植物性の原料で作られたものや、乳脂肪分18.0%未満の安価なものは「生クリーム」を名乗れないために「ホイップクリーム」等の名前で販売されているようです。

created by Rinker
¥9,900 (2021/12/02 14:44:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「生クリーム」と「ホイップクリーム」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 生クリームは「生乳や牛乳の乳脂肪のみを原料としたを脂肪分18.0%以上のもの」
  • ホイップクリームは「植物性や脂肪分18.0%未満のもの」

となります。

ホイップ(撹拌)されているからホイップクリームというわけではないんですね。
動物性クリームが植物性クリームよりも高い理由が分かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました