スポンサーリンク

知ってる?スコーンとホットビスケットの違い。定義は?広辞苑より。

食べ物

「スコーン」と「ホットビスケット」の違い、あなたは理解していますか?

どちらも口の中の水分を奪われる、少しモソモソするおやつのイメージがありますが…

このページを読めば「スコーン」と「ホットビスケット」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

スコーンの定義

小形の丸い菓子パン。イギリスではジャムなどを添えてお茶の時間に食べる。

広辞苑 第七版 1559Pより [発行所:株式会社岩波書店]

さらに詳しくWikipedia等でリサーチしたところ、スコーンは「イギリス発祥の菓子パン」であることが分かりました。

イギリスではスコーンにジャムやクロテッドクリームを添えて紅茶を飲む習慣を「クリームティー」と呼ぶなど、スコーンは紅茶文化に欠かせない存在です。

また、英国式スコーンはプレーンが多く、具材を入れたとしてもチーズなナッツ、ベリーなどをアクセント程度に入れたシンプルなものとなります。

ホットビスケットの定義

「ホットビスケット」は広辞苑に掲載が無いため、料理サイト等でリサーチしたところ、アメリカで「プレーンのスコーン」を「ビスケット」と呼んでいることが分かりました。

日本ではケンタッキーやコンビニの人気商品としてもお馴染みの「ビスケット」を「ホットビスケット」と呼ぶことがありますが、「ホット」を付けるのは日本だけのようです。

また、アメリカではプレーンのスコーンを「ビスケット」と呼ぶのに対し、具入りのスコーンのみを「スコーン」と呼ぶようです。

アメリカでの具入りスコーンは英国式スコーンに比べ、バターや砂糖が多く、チョコなどの具材がガッツリ入ったものとなります。

そのため日本で言うところのホットビスケットは英国式のスコーンと差はなく、反対に日本で言うスコーンはアメリカ式の甘いスコーン(スターバックスなどでお馴染みの)を指す場合が多いかもしれません。

created by Rinker
¥1,188 (2021/12/03 13:20:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2021/12/02 14:44:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「スコーン」と「ホットビスケット」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • スコーンは「英国式のシンプルなものと、北米式の具材たっぷりの甘いものとに分かれるが、日本では北米式の甘いスコーンを指す場合が多い」
  • ホットビスケットは「プレーンのスコーンを指す」

となります。

確かに「スコーン」と言っても、英国式のスコーンを思い浮かべる人と、北米式の具材たっぷりのスコーンを想像する人で別れそうです。

ビスケット・クッキー・サブレ・クラッカーの違いはこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました