スポンサーリンク

知ってる?コーヒー豆の挽き方の違い。極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽き・粗挽き。定義は?広辞苑より。

食べ物

コーヒー豆の「極細挽き」と「細挽き」と「中細挽き」と「中挽き」と「粗挽き」の違い、あなたは理解していますか?

なんとなくコーヒー豆を買って、失敗してしまった人は意外と多いはず。

このページを読めばコーヒー豆の「極細挽き」と「細挽き」と「中細挽き」と「中挽き」と「粗挽き」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

「コーヒー豆の挽き具合」は、5種類に分かれます。
しかし、「コーヒー豆の挽き具合」については広辞苑に掲載が無いため、以下ではWikipediaやコーヒーショップのサイト等でリサーチし、まとめています。

極細挽きの定義

極細挽き(ごくぼそびき)は「粉状に挽かれた豆で、苦みや渋みが出やすいため短時間で抽出できるエスプレッソに使用することが推奨されている挽き方」です。

さらに短時間でコーヒーを抽出できるエスプレッソマシンを使用した抽出方法がオススメです。

細挽きの定義

細挽き(ほそびき)は「上白糖とグラニュー糖の間ほどの粒で、濃い目の味になるため、水出しコーヒーに向いている挽き方」です。

極細挽きほどではありませんが、目が細かいため苦みとコクの強いコーヒーになります。

created by Rinker
BEARS’ COFFEE(本店)
¥2,100 (2021/12/03 13:33:34時点 Amazon調べ-詳細)

時間をかけて抽出する「ウォータードリッパー」を使用することで上手にコーヒーを抽出することが出来ます。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥9,800 (2021/12/03 13:33:35時点 Amazon調べ-詳細)

中細挽きの定義

中細挽き(ちゅうぼそびき)は「グラニュー糖程の大きさで、家庭用コーヒーメーカーやペーパードリップ向きの粒子の大きさ」です。

スーパーなどで売られているコーヒーは「中細挽き」のことが多く、最も親しまれている挽き方かもしれません。

苦味と酸味のバランスが良く「飲みやすい」と感じるコーヒーになります。

中挽きの定義

中挽き(ちゅうびき)は「グラニュー糖とザラメの間ほどの粒子の大きさで、粒が粗いため抽出に時間がかかる挽き方」です。

抽出方法には布ドリップやサイフォン、フレンチプレスが使用されるなど、あまり家庭向きではありません。

苦みより酸味を感じる味わいが特徴です。

粗挽きの定義

粗挽き(あらびき)は「ザラメほどの大きさの粒子で、苦みが少なく、酸味の強い味わいが特徴」です。

コーヒー豆の挽き方としてはあまり馴染みがありませんが、カフェプレスや

パーコレーターを使用して淹れるなど、自宅での日常使いではなくキャンプなどのアウトドア時に使用したいコーヒーとなります。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥5,587 (2021/12/03 13:33:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2021/12/02 14:44:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまりコーヒー豆の「極細挽き」と「細挽き」と「中細挽き」と「中挽き」と「粗挽き」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 極細挽きは「粉状で苦みが出やすいため、短時間で抽出できるエスプレッソマシンの使用が推奨」
  • 細挽きは「上白糖とグラニュー糖の間ほどの粒で、苦みが出やすく水出しコーヒーに最適」
  • 中細挽きは「グラニュー糖程の大きさで、苦味と酸味のバランスが良く家庭用コーヒーメーカーや紙のドリップに最適」
  • 中挽きは「グラニュー糖とザラメ程の間ほどの大きさで、苦みより酸味が強く、布ドリップやサイフォンなど家庭向きではない」
  • 粗挽きは「ザラメほどの大きさで酸味が強く、パーコレーター等を使用したアウトドア向き」

となり、粒子の大きの違いにより、抽出時間・苦み・酸味・使用する器具など大きく異なることが分かりました。

コーヒーメーカーやペーパードリップなど、自宅で簡単に楽しむ際には「中細挽き」がオススメとなります。

また、コーヒーに関する違いの記事をいくつかまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました