スポンサーリンク

クッキーとショートブレッドの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「クッキー」と「ショートブレッド」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも小麦粉を使った焼き菓子ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「クッキー」と「ショートブレッド」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

クッキーの定義

「クッキー」を広辞苑で調べると、

ビスケットに類する洋菓子。ビスケットより脂肪分が多いものをいう。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「クッキー」は脂肪分が多いビスケット類の洋菓子、ということがわかりました。

日本では、ビスケットとクッキー両方の名前が使われていますが、本来は同じお菓子を指します。

クッキーは主にアメリカで使われる言葉ですが、アメリカ以外の英語圏では「ビスケット」と呼ぶのが一般的です。

ちなみに、日本ではクッキーとビスケットを明確に区別する基準があり、糖分と脂肪分の合計が40%以上含まれていて、手作り風の見た目のものを「クッキー」とする決まりがあります。

ショートブレッドの定義

「ショートブレッド」は広辞苑に記載がないためWikipedia等を調べたところ、「ショートブレッド」は強いバターの風味があるスコットランドの伝統的な菓子、ということがわかりました。

ショートブレッドの「ショート」は食感がサクサク、あるいはポロポロするという意味があり、「ブレッド」はパン、もしくは焼き菓子という意味があります。

ショートブレッドはシンプルな焼き菓子であり、基本的な材料は、小麦粉、バター、砂糖の3種類です。

この3種類の材料に卵が加わると、名前が「ビスケット」に変化するため、ショートブレッドに卵が入ることはありません

またバターを大量に使うため、オーブンで焼く際は、バターが流れ出さない程度に「白く焼き上げる」のが正しいとされています。

created by Rinker
Walkers(ウォーカー)
¥1,660 (2024/06/19 18:34:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2024/06/19 11:45:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「クッキー」と「ショートブレッド」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • クッキーは「脂肪分が多いビスケット類の洋菓子
  • ショートブレッドは「強いバターの風味があるスコットランドの伝統的な菓子

となり、「クッキー」はアメリカでビスケットを指す言葉で、「ショートブレッド」は基本的に小麦粉、バター、砂糖のみで作る焼き菓子であることがわかりました。

他にもケーキや菓子の違いについてまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました