スポンサーリンク

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「アメリカンコーヒー」と「ブレンドコーヒー」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも喫茶店やコーヒーショップで定番のメニューですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「アメリカンコーヒー」と「ブレンドコーヒー」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

アメリカンコーヒーの定義

「アメリカンコーヒー」を広辞苑で調べると、「アメリカン」で掲載がありました。

アメリカン‐コーヒーの略。豆の焙煎を浅くし、薄くいれたコーヒー。

広辞苑 第七版 92Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「アメリカンコーヒー」は浅煎りで焙煎したコーヒー豆で薄くいれたコーヒーであることが分かりました。

「アメリカンコーヒー」は深煎りと比べてコーヒーの苦味やコクが少ないので、薄くて飲みやすく感じます。
また、「アメリカンコーヒー」は和製英語で、英語では「ウィーク(薄い)コーヒー」と言います。

戦後、アメリカ人が浅煎りのコーヒーを飲んでいたため「アメリカ人が飲むコーヒー」からだんだんと変化して「アメリカンコーヒー」と呼ぶようになったと言われています。

created by Rinker
アバンス
¥1,211 (2022/05/21 15:34:50時点 Amazon調べ-詳細)

ブレンドコーヒーの定義

「ブレンドコーヒー」を広辞苑で調べると、「ブレンド」で掲載がありました。

ウィスキー・コーヒー・タバコなどで、味や香りをよくするために品種の異なるものを適当に配合すること。また、配合したもの。

広辞苑 第七版 2607Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ブレンドコーヒー」は様々な産地のコーヒー豆を混ぜ合わせて作られたコーヒーであることが分かりました。

複数のコーヒー豆を混ぜることで、それぞれの豆の特徴をうまく生かしたオリジナルのコーヒーを作ることができます。
その組み合わせは無限大で、一種類のコーヒー豆だけでは味わえない奥深い味わいを楽しむことができます。

created by Rinker
ネスカフェ RSC
¥1,018 (2022/05/22 09:00:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2022/05/21 23:57:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「アメリカンコーヒー」と「ブレンドコーヒー」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • アメリカンコーヒーは「浅煎りのコーヒー豆でいれた薄いコーヒー」
  • ブレンドコーヒーは「いくつかの種類のコーヒー豆を混ぜ合わせていれたコーヒー」

となり、「アメリカンコーヒー」は薄めの飲みやすいコーヒーであるのに対し、「ブレンドコーヒー」は数種類の豆をブレンドしたコーヒーであることが分かりました。

また、コーヒーに関する違いの記事をいくつかまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました