スポンサーリンク

知ってる?コーヒーの深煎り・中煎り・浅煎りの違い。定義は?広辞苑より。

食べ物

コーヒーの「深煎り」と「中煎り」と「浅煎り」の違い、あなたは理解していますか?

焙煎の具合が違うのは分かっていても、「この煎り方だったらこんな味になる」」や「こんな場面にはこのコーヒーを選べばいい」というのを理解するのは中々難しいですよね。

このページを読めばコーヒーの「深煎り」と「中煎り」と「浅煎り」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

これらの言葉は広辞苑に掲載が無いため、以下ではコーヒー店のサイト等でリサーチし、意味の違いについてまとめました。

深煎りの定義

「深煎り」についてコーヒー店のサイト等でリサーチしたところ、深煎りはコーヒーの生豆を時間をかけて煎ったものであることが分かりました。

コーヒー豆は深く煎ることで苦みが増し、色も黒っぽくなるため、深煎り豆は色が濃く、香ばしい匂いが特徴です。

また、深煎り豆で淹れたコーヒーは酸味が少なく、苦みのある濃い味わいです。

さらに深煎りの中にもシティロースト、フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストと段階がありイタリアンローストが最も深い煎り具合となります。

created by Rinker
ドトールコーヒー
¥2,145 (2021/12/04 18:53:52時点 Amazon調べ-詳細)

中煎りの定義

「中煎り」についてコーヒー店のサイト等でリサーチしたところ、中煎りは深煎りと浅煎りの間の煎り具合で、茶褐色の豆であることが分かりました。

また、中煎りはナカイリとも読みますが、一般的にはチュウイリと読まれることが多いです。

中煎りにはミディアムローストとハイローストの2段階ありますが、市販のレギュラーコーヒーは中煎りが使われていることが多く、最も一般的です。

苦みや酸味のバランスがよく、様々な食事に合わせやすいコーヒーです。

浅煎りの定義

「浅煎り」についてコーヒー店のサイト等でリサーチしたところ、浅煎りは焙煎時間が短いきつね色の豆で、ライトローストとシナモンローストの2段階あることが分かりました。

浅煎りは酸味が強く、苦みや香り、コクが弱いですが、さっぱりと飲めるため、苦みが苦手な人にオススメのコーヒーとなります。

created by Rinker
ムソー
¥1,925 (2021/12/04 18:53:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2021/12/04 14:57:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまりコーヒーの「深煎り」と「中煎り」と「浅煎り」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 深煎りは「豆の煎り具合が深く、酸味が少なく、苦みのある濃い味わい」
  • 中煎りは「深煎りと浅煎りの中間の煎り具合で、酸味や苦みのバランスがとれていて、最も一般的なコーヒー」
  • 浅煎りは「豆の煎り時間が短く、酸味が強く、苦みや香り・コクが弱いためさっぱりと飲めるコーヒー」

となります。

また、コーヒーに関する違いの記事をいくつかまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました