スポンサーリンク

レギュラーコーヒーとブラックコーヒーの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「レギュラーコーヒー」と「ブラックコーヒー」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもカフェのメニューや自販機でよく目にする言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「レギュラーコーヒー」と「ブラックコーヒー」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

レギュラーコーヒーの定義

「レギュラーコーヒー」を広辞苑で調べると、

(和製語)インスタント‐コーヒーに対して、挽いたコーヒー豆を使って浸出するコーヒー。

広辞苑 第七版 3121Pより [発行所:株式会社岩波書店

とのことで、「レギュラーコーヒー」は焙煎したコーヒー豆を挽いてから抽出するコーヒーであることがわかりました。

コーヒーの風味は、同じコーヒー豆でも焙煎の度合いや挽き加減(細かく、粗く等)、淹れ方や用いる器具などにより異なります。

なお、公正競争規約では、『「レギュラーコーヒー」とは、コーヒーノキの種実を精製したコーヒー生豆を焙煎したもの(=煎り豆)及び煎り豆にコーヒー生豆を加えたもの並びにこれらを挽いたものをいう。』と定義されており、焙煎したコーヒー豆またはそれを挽いた粉を指しています。

ブラックコーヒーの定義

「ブラックコーヒー」ではなく、「ブラック」で広辞苑に記載がありました。

コーヒーにミルク・クリーム・砂糖を入れないこと。また、そのコーヒー。

広辞苑 第七版 2591Pより [発行所:株式会社岩波書店

とのことで、ブラックコーヒーは抽出されたコーヒーに乳製品を加えず飲むものを指すことが分かりました。

ブラックコーヒーを注文すると、日本では砂糖もミルクも入れていないコーヒーが出てきますが、海外では砂糖が入ったコーヒーが出てくることが一般的です。
そのため、日本の飲み方は「ジャパニーズ・コーヒー」と呼ばれることもあるそうです。

created by Rinker
Fire(ファイア)
¥1,945 (2022/05/21 22:38:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2022/05/21 23:57:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「レギュラーコーヒー」と「ブラックコーヒー」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • レギュラーコーヒーは「挽いた豆から抽出したコーヒー」
  • ブラックコーヒーは「乳製品を加えずに飲むコーヒー」

となり、「レギュラーコーヒー」はコーヒーの製造方法による分類であるのに対し、「ブラックコーヒー」はコーヒーの飲み方による分類であることが分かりました。

また、コーヒーに関する違いの記事をいくつかまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました