スポンサーリンク

ラグビーとアメリカンフットボールの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

スポーツ

「ラグビー」と「アメリカンフットボール」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも楕円形のボール奪い合う激しいスポーツですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「ラグビー」と「アメリカンフットボール」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

ラグビーの定義

「ラグビー」を広辞苑で調べると、

フットボールの一種。15人ずつ二組に分かれて楕円形のボールを奪い合い、持つなり蹴るなりしながらボールを前進させ、トライ2やゴールキックによって得られる得点を争う。1チーム7人で行う競技も普及。ラ式蹴球。ラガー。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ラグビー」はフットボールの一種であり、楕円形のボールを奪い合い、トライおよびゴールキックによって得点を争う競技であることが分かりました。

また、ラグビー用語の「トライ」とは「攻撃側が相手側のインゴールにボールを接地すること」を指します。

ラグビーではパスは後ろ方向にしか出すことはできません。
ブロック(タックル)はボールを持った選手にだけ行うことができます。

created by Rinker
ギルバート
¥3,290 (2024/06/20 09:34:51時点 Amazon調べ-詳細)

アメリカンフットボールの定義

「アメリカンフットボール」を広辞苑で調べると、

アメリカで考案されたフットボールの一種。11人ずつの二組が攻撃と守備に分かれ、攻撃側が楕円形のボールを相手のエンド‐ゾーンに持ち込むことなどにより、得点を争う。ラグビーと異なり、防具をつけ、ボールをもたない相手をブロックでき、また前方へのパスも可能。米式蹴球。アメ‐フト。アメ‐ラグ。鎧球がいきゅう

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「アメリカンフットボール」は、楕円形のボールを奪い合い、ボールを相手のエンドゾーンに持ち込むことで得点を争う競技であることがわかりました。

「アメリカンフットボール」ではヘルメットやショルダーなどの防具の着用が必須となっています。

ボールを持たない相手もブロック(タックル)できる点や、ボールを前方向にパスできるのもラグビーとの違いです。

ボールはラグビーのものより小さいのが特徴です。

created by Rinker
モルテン(molten)
¥3,463 (2024/06/20 23:17:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2024/06/20 11:45:42時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「ラグビー」と「アメリカンフットボール」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • ラグビーは「15人制で、防具は必要なく、パスは後ろにしか出せず、相手のゴールにボールを接地させる(トライ)かゴールキックでゴールとなる」
  • アメリカンフットボールは「11人制で、防具が必須で、前にパスを出してもよく、相手のエンドラインを超えることでゴールとなる」

となり、両者の違いは、人数、防具の有無、パス、ブロックのルール、ゴールの方法であることがわかりました。

他にもスポーツの違いについてまとめていますので、宜しければご閲覧ください。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

スポーツ
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました