スポンサーリンク

パラグライダーとスカイダイビングの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

スポーツ

「パラグライダー」と「スカイダイビング」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも空を飛ぶ擬似体験ができる人気のアクティビティですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「パラグライダー」と「スカイダイビング」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

パラグライダーの定義

「パラグライダー」を広辞苑で調べると、

空気をはらんだキャノピーの揚力を利用して滑空を楽しむスポーツ。

広辞苑 第七版 2393Pより [発行所:株式会社岩波書店]

続いて「キャノピー」を調べると

パラシュートやパラグライダーの傘の部分。

広辞苑 第七版 740Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「パラグライダー」はキャノピーと呼ばれる落下傘をつけて空を飛ぶことを楽しむスポーツであることが分かりました。

「パラグライダー」は専用の四角いパラシュートを背負って山の斜面を走って滑空します。

風うまく掴むと、離陸地点よりも上昇し、鳥のように空を飛ぶ感覚を楽しむことができます。

「パラグライダー」はインストラクターと一緒に乗ることで、ライセンスがなくても気軽に楽しむことができます。

スカイダイビングの定義

「スカイダイビング」を広辞苑で調べると、

飛行機から降下した後、パラシュートを開き、目標地点への着地の正確さや身体操作のスキルを競うスポーツ。

広辞苑 第七版 1549Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「スカイダイビング」は飛行機から飛び降りて、着地点の正確さや空中での演技を競うスポーツであることが分かりました。

「スカイダイビング」の大会は各国で行われ、国際大会である「ワールドエアゲームス」は第2のオリンピックとも言われています。

「スカイダイビング」は地上4000mまで航空機で上がり、そこから地上1000mまでフリーフォールします。
そこでパラシュートを開いて地上の目的地点まで降りてくるのです。

私たちがアクティビティとして「スカイダイビング」を楽しむ際は、インストラクターと一緒に飛びますが、一人で飛ぶにはライセンスの取得が必須です。

created by Rinker
¥9,900 (2022/06/25 01:17:20時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「パラグライダー」と「スカイダイビング」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • パラグライダーは「山の上から鳥のように空を飛ぶのを楽しむアクティビティ」
  • スカイダイビングは「空から地上へ向かって落下するのを楽しむスポーツ」

となり、「パラグライダー」は空を飛ぶアクティビティであるのに対し、「スカイダイビング」は地上に向かって落下するスポーツであることが分かりました。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

スポーツ
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました