スポンサーリンク

事実と真実の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「事実」と「真実」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも「本当のこと」という意味合いで使われる言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「事実」と「真実」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

事実の定義

「事実」を広辞苑で調べると、

事の真実。真実の事柄。本当にあった事柄。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「事実」は実際にあった事柄だということが分かりました。

多くの人が「実際にあった」と認めることについて使われます。

矛盾がなく、誰もが納得できて、他の誰かの意見を聞いても同じ答えになるものが「事実」です。

「事実」は揺るぎようがなく誰が見ても同じであり、いつも一つです。

created by Rinker
¥2,695 (2024/02/26 18:50:50時点 Amazon調べ-詳細)

真実の定義

「真実」を広辞苑で調べると、

うそいつわりでない、本当のこと。まこと。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「真実」は本当のことだということが分かりました。

「事実」と意味が似ていますが、「真実」には人の解釈が入るという点が「事実」との違いです。

事実はいつもひとつですが、真実は人の数だけあります。

例えば、親が子供に苦手な野菜を食べさせる場合、親には「苦手をなくして欲しい」という想いがあり、子供には「嫌がらせをされている」という想いがあります。

「親が子供に野菜を食べさせている」ことは事実ですが、「子供を思って食べさせている」のも「嫌がらせで食べさせている」のも両方とも真実です。

created by Rinker
¥9,900 (2024/02/26 10:50:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「事実」と「真実」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 事実は「実際にあった事柄」
  • 真実は「嘘偽りない本当のこと」

となり、「事実」は誰が見ても同じであるのに対し、「真実」は人の解釈が入ることが分かりました。

対比と比較の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました