スポンサーリンク

ヘアオイルとヘアセラムの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

商品

「ヘアオイル」と「ヘアセラム」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも髪に使用する美容品ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「ヘアオイル」と「ヘアセラム」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

ヘアオイルの定義

「ヘアオイル」は広辞苑に記載がないため、「髪油(かみあぶら)」を広辞苑で調べると、

頭髪につけて色艶をよくし、髪かたちを整える油。すきあぶら・びんつけあぶら・伽羅きゃら油・水油・ポマードなど。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ヘアオイル」は髪形を整える化粧品、ということがわかりました。

ヘアオイルは日本でも古くから使用され、「ぴんつけ油」や「伽羅油」などと呼ばれていました。

時代劇などで目にする、日本髪(女性の髪形)を結う際に必要な整髪料として、欠かせないものです。

現代では、髪形を整えるだけでなく、髪に栄養やツヤを与え香りをつけるなど、多様な目的で使用されます。

ヘアセラムの定義

「ヘアセラム」は広辞苑に掲載がないため複数の商品を調べたところ、ヘアケアを目的とした髪の美容液、ということがわかりました。

「セラム」は、美容や化粧品の分野で用いられる用語で、美容液の一種を指します。

ヘアセラムは、髪に栄養を与えることを目的としており、髪のダメージを修復するための栄養素や、成分が凝縮されているのが特徴です。

あくまでも、サプリメントに近い商品であるため、髪を外の刺激から保護する効果はありません。

created by Rinker
¥9,900 (2024/04/23 11:21:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「ヘアオイル」と「ヘアセラム」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • ヘアオイルは「髪形を整える化粧品
  • ヘアセラムは「髪のダメージを修復するための美容液」

となり、「ヘアオイル」は髪に香りやツヤを付与する整髪料、「ヘアセラム」は髪の美容液、であることがわかりました。

縮毛矯正とストレートパーマの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

商品
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました