スポンサーリンク

クレープとガレットの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「クレープ」と「ガレット」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも薄い生地に果物や野菜、クリームなどをトッピングしたおしゃれな食べ物ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「クレープ」と「ガレット」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

クレープの定義

「クレープ」を広辞苑で調べると、

小麦粉・牛乳・卵などを混ぜ、鉄板などでごく薄い円形に焼いたもの。ジャム・チーズ・ハムなどをくるんで食べる。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「クレープ」は小麦粉、牛乳、卵、砂糖などを混ぜて薄い円形に焼いたものであることが分かりました。

「クレープ」はスイーツによく使われています。生クリームやアイスクリーム、果物をのせてくるくる巻くと食べ歩きでお馴染みのクレープが完成します。

また、「クレープ」の生地と生クリームを交互に重ねて作るケーキは「ミルクレープ」と呼ばれます。

ガレットの定義

ガレットを広辞苑で調べると、

そば粉などのクレープ。フランス、ブルターニュ地方の郷土料理。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ガレット」はそば粉などで作られたクレープであることが分かりました。

「ガレット」の生地は、シンプルにそば粉と塩と水だけで作られていることが多く、食事系に使われることが多いです。

「ガレット」は生地の上にハム、チーズ、目玉焼きなどをのせてナイフとフォークを使って食べるおしゃれな食事です。

created by Rinker
日穀製粉
¥540 (2022/08/11 07:50:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2022/08/11 03:11:13時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「クレープ」と「ガレット」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • クレープは「小麦粉を原料に、卵や砂糖などを加えて薄い円形に焼き、クリームや果物などをのせた食べ物で、スイーツとして使われることが多い」
  • ガレットは「そば粉を原料に、塩、水のみを加えて薄い円形に焼き、ハム、チーズ、卵などをのせた食べ物で、食事として使われることが多い」

となり、「クレープ」と「ガレット」は同じく薄い円形の生地ですが、原材料に違いがあることが分かりました。

ケサディーヤとブリトーの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました