スポンサーリンク

クッキーとアイスボックスクッキーの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「クッキー」と「アイスボックスクッキー」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもバターや小麦粉を使った生地を焼いて作るサクサクのお菓子ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「クッキー」と「アイスボックスクッキー」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

クッキーの定義

「クッキー」を広辞苑で調べると、

ビスケットに類する洋菓子。ビスケットより脂肪分が多いものをいう。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「クッキー」はビスケット類の脂肪分の多い洋菓子です。

さらにレシピを調べると、材料は小麦粉・バター・砂糖・卵などであり、生地をこねて型を抜き、オーブンで焼き上げて作るということがわかりました。
生地にパウダーを混ぜ込むことで、色を付けることもできます。

アイスボックスクッキーの定義

「アイスボックスクッキー」は広辞苑に掲載がないため「アイスボックス」で調べると、

氷を使って冷やす冷蔵庫。特に、携帯用の冷蔵容器。クーラー。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「アイスボックスクッキー」は冷蔵庫で冷やして作るクッキーであることが分かりました。

実際のレシピ等を見てみたところ、「アイスボックスクッキー」もクッキーと同様に小麦粉・バター・砂糖・卵を使った生地を焼いて作るお菓子であることには変わりありません。

しかし、「アイスボックスクッキー」はバターの分量が多く生地柔らかいため、冷蔵庫に入れて冷やしても上手く型抜きができません。
「アイスボックスクッキー」は棒状にしたクッキーを冷蔵庫に入れてしっかりと冷やし固めたものをカットして焼く、金太郎飴のようなクッキーです。
この工程があることから、「アイスボックス」という名前がついています。

バターが多く含まれているため、通常のクッキーよりもサクサクした食感になります。

created by Rinker
¥9,900 (2024/06/20 11:45:42時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「クッキー」と「アイスボックスクッキー」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • クッキーは「小麦粉・バター・砂糖・卵で作った生地をのばして型を抜き、オーブンで焼くお菓子」
  • アイスボックスクッキーは「こねた生地を冷凍庫で冷やし固めてから切って焼くクッキー」

となり、どちらもビスケット類のひとつで作り方も似ていますが、バターの量が多い「アイスボックスクッキー」は、型抜きをせずに冷やしてからカットすることが分かりました。

アイシングクッキーとヨーチビスケットの違いについてもまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました