スポンサーリンク

バターと発酵バターの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「バター」と「発酵バター」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも料理やパンに塗るバターのことですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「バター」と「発酵バター」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

バターの定義

「バター」を広辞苑で調べると、

乳製品の一つ。牛乳などのクリームを攪拌して作る。脂肪とビタミンA・Dに富む。パンにつけて食べるほか、料理・製菓にも用いる。発酵乳が原料のファーメント‐バターもある。乳酪(ニュウラク)。牛酪(ギュウラク)。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「バター」は乳製品の一つで、牛乳から作られていることが分かりました。

「バター」は原料となる牛乳から分離したクリームを攪拌させ残った塊を洗い、バターミルクを除去して作ります。

家庭では動物性の生クリームを容器に入れて長時間振ることで脂肪分が固まってきます。水分を抜いたら完成です。お好みで塩を少量加えてもおいしく食べられます。

created by Rinker
雪印
¥540 (2022/10/05 18:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

発酵バターの定義

「発酵バター」は広辞苑に掲載されていないため、Wikipediaや実際のレシピ等を調べると、「発酵バター」は「バター」を作るためのクリームを発酵させて作ったバターであることが分かりました。

「発酵バター」は原料となるクリームに乳酸菌を加えて発酵させます。

家庭で作るときは、動物性の生クリームにプレーンヨーグルトを加え、ヨーグルトメーカーなどで発酵させ、その後冷蔵庫で熟成させます。ミキサーにかけて攪拌させると脂肪分と水分に分離するため、水分を抜いたら完成です。

「発酵バター」は「バター」の風味にヨーグルトのような酸味が加わった味わいが特徴です。

乳酸菌を加えているため、腸内環境を整えてくれる効果があります。

created by Rinker
よつ葉
¥1,637 (2022/10/05 18:13:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2022/10/05 05:06:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「バター」と「発酵バター」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • バターは「牛乳などからとれるクリームを攪拌することで固まった脂肪分を取り出したもの」
  • 発酵バターは「クリームに乳酸菌を加えて発酵させてから作られるバター。ヨーグルトのような酸味が加わっているのが特徴である」

となり、「バター」と「発酵バター」は同じバターで製造工程もほとんど同じですが、「発酵バター」はひと手間加わっていることが分かりました。

ソテーとムニエルの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました