スポンサーリンク

クエン酸と酢酸の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「クエン酸」と「酢酸」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも口に入れたときに酸味を感じるもので、料理やお菓子に入っていたり、掃除に使われたりするものですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「クエン酸」と「酢酸」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

クエン酸の定義

「クエン酸」を広辞苑で調べると、

(citric acid)柑橘類の果実中に遊離して存するほか、生物界に広く分布するヒドロキシ基を含むカルボン酸。細菌などの発酵生成物。水に溶けやすい結晶で、爽快な酸味をもち、清涼飲料水の製造や媒染剤などに用いる。ナトリウム塩は血液凝固阻止剤。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「クエン酸」は柑橘類果物に含まれている酸で、水に溶けやすく、酸味を持つものであることが分かりました。

「クエン酸」は梅干しやレモン、オレンジ、グレープフルーツなどに含まれており、疲労回復や食欲増進、ビタミンB6の吸収力アップなどの効果が得られます。

また「クエン酸」は掃除の道具としても注目されています。
「クエン酸」は常温では白色の粉末状で、臭いはありません。水に溶けやすい性質を持っているため、水200mlに対して小さじ1杯のクエン酸を混ぜて作る「クエン酸水」は水垢やトイレ掃除で大活躍します。

created by Rinker
ミヨシ石鹸
¥278 (2022/10/01 07:24:26時点 Amazon調べ-詳細)

酢酸の定義

「酢酸」を広辞苑調べると、

(acetic acid)カルボン酸の一つ。分子式CHCOOH 刺激性の臭気と酸味をもつ無色の液体。酢(ス)の酸味の主成分をなす。酒類の発酵によって生じる。以前は木材乾留液より採取したが、現在ではアセトアルデヒドの酸化などによって製する。工業上重要な原料。エタン酸。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「酢酸」は刺激性の臭いと酸味を持つもので、酢の主成分であることが分かりました。

「酢酸」は穀物や果実を発酵させてアルコールを作り、そのアルコールをさらに発酵させることで作ることができます。

「酢酸」を摂取すると体内で「クエン酸」に変わるので、「クエン酸」が持つものと同じ、疲労回復、食欲増進、ビタミンB6の吸収力アップなどの効果が得られます。

created by Rinker
庄分酢
¥2,020 (2022/10/01 07:24:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2022/10/01 05:03:53時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「クエン酸」と「酢酸」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • クエン酸は「柑橘系の果実などに含まれていて、食べると疲労回復などの効果があるほか、粉末を水に溶かすことで掃除でも役立つ」
  • 酢酸は「アルコールを酢酸発酵することで作られる物質で、食べるとクエン酸と同じ効果がある」

となり、「クエン酸」は柑橘類に含まれる成分であるのに対し、「酢酸」はアルコールを酢酸発酵して作られる物質であることが分かりました。

重曹とセスキ炭酸ソーダの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました