スポンサーリンク

バゲットとバタールの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「バゲット」と「バタール」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもフランスパンの種類ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「バゲット」と「バタール」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

バゲットの定義

「バゲット」を広辞苑で調べると、

長い棒状のフランス‐パン。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「バゲット」は長い棒状のフランスパンであることが分かりました。

「フランスパン」を広辞苑で調べると、

塩で味を付け皮を固く焼いたパン。普通、拳(コブシ)形、また細長い形に作る。バゲットなど。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「フランスパン」は皮を固く焼いたパンであることが分かりました。

「バゲット」は皮を固く焼いた細長いパンで、トースターなどで焼くとカリッとした食感と香ばしさがたまらないパンです。

そのまま食べたり、ガーリックフランスにしてもおいしくいただけます。

created by Rinker
ノーブランド品
¥515 (2022/12/08 10:36:52時点 Amazon調べ-詳細)

バタールの定義

「バタール」を広辞苑で調べると、

フランス‐パンの一種。バゲットより太く短い。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「バタール」はフランスパンの一種で、「バゲット」よりも太くて短いパンであることが分かりました。

「バタール」はフランスパンの一種であるため皮が固いのが特徴です。

薄くスライスしてサンドイッチにしたり、厚めに切って卵、牛乳、砂糖を混ぜた液をたっぷり染み込ませ、フレンチトーストにするのも人気の食べ方です。

created by Rinker
¥9,900 (2022/12/09 07:08:38時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「バゲット」と「バタール」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • バゲットは「フランスパンの一種で細長い棒状のパン」
  • バタールは「フランスパンの一種で太くて短いパン」

となり、「バゲット」と「バタール」はどちらも硬いフランスパンですが、長さに違いがあることが分かりました。

フランスパンとバゲットの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました