スポンサーリンク

説明できる?フランスパンとバゲットの違い。定義は?広辞苑より。

食べ物

「フランスパン」と「バゲット」の違い、あなたは説明できますか?

同じような皮の硬いパンなのに「フランスパン」と書いていたり「バゲット」と記載があったりと、使い分けは良く分からないですよね。

このページを読めば「フランスパン」と「バゲット」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

フランスパンの定義

塩で味を付け皮を固く焼いたパン。普通、拳こぶし形、また細長い形に作る。バゲットなど。

広辞苑 第七版 2593Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことでフランスパンは「小麦粉・イースト・塩・水のみで作られるフランス発祥の皮の硬いパンの総称」であることが分かりました。

一般的にフランスパンと言うと、細長いものをイメージすることが多いですが、フランスパンにはバタール、ブール、カンパーニュなどと多くの種類があり、それぞれに長さや形状、重さ、パンの切れ目のクープの数などが細かく決められています。

そのため、丸いもの、太いもの、細長いものと形状は違ってもどれも「フランスパン」であることに変わりはありません。

バゲットの定義

長い棒状のフランス‐パン。

広辞苑 第七版 2334Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、パン屋さんやスーパーのパンコーナーでもよく目にするのが長い棒状の「バゲット」で、これもフランスパンの一種となります。

バゲットは長さが67~68cmほどで、パンの切れ目のクープは4~6本くらいあるとされています。

created by Rinker
¥9,900 (2021/12/02 14:44:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「フランスパン」と「バゲット」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • フランスパンは「小麦粉・イースト・塩・水のみで作られるフランス発祥の皮の硬いパンの総称」
  • バゲットは「フランスパンの一種で、67~68cmある長い棒状のもの

とのことで、フランスパンは総称であり、その中の長い棒状のものがバゲットであることが分かりました。

原材料は同じでも形や長さ、重さなどによって呼び分けられているのは面白いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました