スポンサーリンク

お冷とチェイサーの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「お冷」と「チェイサー」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも飲み物に関する用語ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「お冷」と「チェイサー」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

お冷の定義

「冷」を広辞苑で調べると、

つめたい水。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「お冷」はつめたい水、ということがわかりました。

「お冷」は、日本の飲食店で一般的に提供される、冷たい水のことです。

レストランやカフェだけでなく、居酒屋や定食屋など様々な飲食店で提供されます。

「お冷」は、料理を注文する前に出されることが多く、日本では「おてなし」の意味も含まれており、無料で提供されるのが一般的です。

つまり「お冷」は、日本の飲食店で提供される冷たい水、であるといえます。

created by Rinker
ブルボン
¥2,303 (2024/07/13 03:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

チェイサーの定義

「チェイサー」を広辞苑で調べると、

強い酒や濃厚な酒のあとで、口直しに飲む飲料。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「チェイサー」は強い酒や濃厚な酒のあとで口直しに飲む飲料、ということがわかりました。

「チェイサー」はアルコール飲料を飲む際に、一緒に飲んだり、また後から飲んだりする飲み物を指します。

「チェイサー」はアルコールの強さを和らげたり、口の中をリフレッシュしたりするのが目的で、水やソフトドリンクなどの飲料が一般的です。

バーや居酒屋では、お酒を楽しむための一環として、「チェイサー」が提供されます。

つまり「チェイサー」とは、お酒を楽しむために提供される飲料、といえます。

created by Rinker
¥9,900 (2024/07/13 11:56:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「お冷」と「チェイサー」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • お冷は「つめたい水
  • チェイサーは「強い酒や濃厚な酒のあとで口直しに飲む飲料

となり、「お冷」は日本の飲食店で提供される冷たい水で、「チェイサー」はお酒を楽しむために提供される飲料であることがわかりました。

居酒屋とバーとバルの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました