スポンサーリンク

利率と利回りの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

経済

「利率」と「利回り」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも投資をしている人にとっては馴染みのある言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「利率」と「利回り」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

利率の定義

「利率」を広辞苑で調べると、

利息の元金に対する割合。利子率。年利・月利・日歩(ヒブ)で表す。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「利率」は元金に対する利息の割合を意味することが分かりました。

例えば投資額によって一定期間ごとに利息が支払われます。この利息の割合のことを「利率」と言うのです。

投資をしていなくても、銀行にお金を預けることで利息を得られます。しかし銀行の「利率」は0.002%と言われ、100万円預けても20円しか利息として受け取ることができません。

資産を銀行だけでなく投資に分配することで、銀行よりも高い「利率」でお金を働かせることができるのです。

利回りの定義

「利回り」を広辞苑で調べると、

利益配当または利息の元金に対する割合。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「利回り」は元金に対する利益配当金、利息の割合を意味することが分かりました。

株などに投資をすると、一定期間ごとに利息が支払われ、これがひとつの収入となります。

そして持っている株を売却した際に、投資した額に対する売却損益(購入した額と売却した額の差)と支払われた利息を合わせた割合を「利回り」を言うのです。

株などを購入する際は、「利回り」が高い銘柄を選んで投資するのもひとつの方法です。

created by Rinker
¥9,900 (2022/12/09 07:08:38時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「利率」と「利回り」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 利率は「元金に対する利息の割合」
  • 利回りは「元金に対する売却損益と利息を合わせた割合」

となり、「利率」と「利回り」は投資をはじめる際には知っておきたい最低限の知識であることが分かりました。

運用と活用の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

経済
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました