スポンサーリンク

収入と所得の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

経済

「収入」と「所得」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも働いている人は切っても切り離せない言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「収入」と「所得」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

収入の定義

「収入」を広辞苑で調べると、

金銭や品物などを手に入れ自己の所有とすること。また、その金品。所得。

広辞苑 第七版 1385 Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「収入」はお金や物を自分のものにすることを意味することが分かりました。

働いている人が会社などから受け取る源泉徴収票の「支払金額」の部分が、その人の毎月の給料や賞与が含まれた年間の「収入」となります。

そこから所得税、住民税、社会保険料が引かれていくのです。

自営業の場合、経費等を除く売り上げ金額がそのまま「収入」ということになります。

所得の定義

「所得」を広辞苑で調べると、

何らかの形で生産活動に参加した生産要素に対して支払われる報酬。俸給・賃金・地代・家賃・利子・利潤など。

広辞苑 第七版 1475Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「所得」は働いて得たお金を意味することが分かりました。

源泉徴収票の「支払金額」から税金などを引いて残った金額がその人の「所得」となり、手元に入るお金です。

よって必然的に「収入」>「所得」となります。

前年の「所得」によってその人の住民税が決まります。

created by Rinker
¥1,980 (2022/05/22 00:01:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2022/05/21 23:57:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「収入」と「所得」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 収入は「会社などから支払われるお金」
  • 所得は「会社などから支払われる金額から税金などを引いて残った手元に入るお金」

となり、「収入」は税金などが引かれる前のお金であるのに対し、「所得」は税金などが引かれ、手元に入るお金であることが分かりました。

債務と借金の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

経済
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました