スポンサーリンク

クレジットカードとキャッシュカードの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

経済

「クレジットカード」と「キャッシュカード」の違い、あなたは説明できますか?

どちらお金を使用する際に必要なカードですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「クレジットカード」と「キャッシュカード」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

クレジットカードの定義

「クレジットカード」を広辞苑で調べると、

クレジット‐カード会社が会員に信用を保証・供与するために発行するカード。サインなどをするだけで、カード会社の加盟店から一定限度内の買物が可能。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「クレジットカード」はクレジットカード会社が会員に対して信用を保証するカードであることが分かりました。

「クレジットカード」を作るには一定の制限があり、審査が通れば発行することができます。

「クレジットカード」は買い物の際に現金を持っていなくても決済ができる便利なカードですが、支出を把握しづらいというデメリットがあり、使いすぎてしまう可能性があるため注意が必要です。

キャッシュカードの定義

「キャッシュカード」を広辞苑で調べると、

現金自動預払機で、預金の出し入れなどに使用するプラスチック製の磁気カード。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「キャッシュカード」は銀行やコンビニ等に設置のATMでお金を出し入れする際などに使用するカードであることが分かりました。

「キャッシュカード」は銀行が発行するカードで、通帳を持っていなくても現金を預けたり引き出したりすることができます。また、銀行に限らず、駅やコンビニといったATMがある場所ならどこでも利用することができます。

多くの「キャッシュカード」には「デビットカード」としての機能も付いており、買い物の決済の際にも使用できるためとても便利なカードです。

created by Rinker
¥9,900 (2022/10/05 05:06:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「クレジットカード」と「キャッシュカード」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • クレジットカードは「クレジットカード会社が発行するカードで、現金を持っていなくても決済ができる」
  • キャッシュカードは「銀行が発行するカードで、通帳を持っていなくてもATMで現金を預けたり引き出したりできる。デビット機能がついたものもある」

となり、「クレジットカード」は買い物時に、「キャッシュカード」はATM利用時に使用するカードであることが分かりました。

リボ払いと分割払いの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

経済
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました