スポンサーリンク

サーロインとリブロースの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「サーロイン」と「リブロース」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも精肉店などでよく見かける牛肉の種類ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「サーロイン」と「リブロース」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

サーロインの定義

「サーロイン」を広辞苑で調べると、

牛肉のロース部位のうち腰部寄りの部分の肉。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「サーロイン」は牛の腰上部の肉であることがわかりました。

サーロインは赤身の間にきめ細かいサシが入った霜降り肉で、独特の旨味と脂の甘みが感じられるジューシーな肉質が特徴です。
「牛肉の王様」と評されるほど人気のお肉で、高級な希少部位のひとつです。

ステーキやしゃぶしゃぶ、すき焼きなどで食べられるのが一般的です。

リブロースの定義

「リブロース」を広辞苑で調べると、

(rib roast)牛肉のロース部位のうち肩寄りの部分。霜降り状で柔らかい。ロースト‐ビーフ・ステーキなどに用いる。リブ。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「リブロース」は牛の背中の肩寄りの部分の肉であることがわかりました。
この部位の筋肉は動かすことが少ないので、やわらかい肉質となっています。
赤身の間に太い脂肪が入るため味が濃厚で、絶妙な風味のバランスを保っています。

リブロースはサーロインと並ぶ最高級部位として知られていますが、牛1頭から取れる量はわずか20㎏程度で、とても希少な部位です。

焼肉やローストビーフ、すき焼きやしゃぶしゃぶなど、様々な調理方法で楽しむことができます。

created by Rinker
¥9,900 (2022/10/05 05:06:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「サーロイン」と「リブロース」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • サーロインは「赤身の間にきめ細かいサシが入った腰上部の肉」
  • リブロースは「霜降りで柔らかい、背中の肩寄りの部位の肉」

となり、いずれも最高級とされる部位ですが、「サーロイン」は腰上部のジューシーな肉であるのに対し、「リブロース」は背中の肩寄りの部分にある柔らかい肉であることが分かりました。

赤もつと白もつの違いについてもまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました