スポンサーリンク

生クリームとシャンテリークリームの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「生クリーム」と「シャンテリークリーム」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも原料は牛乳ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「生クリーム」と「シャンテリークリーム」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

生クリームの定義

「生クリーム」を広辞苑で調べると、

(カスタード-クリームなど加熱して作るクリームに対していう)牛乳から分離した淡黄白色の脂肪分。洋菓子や料理の材料とする。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「生クリーム」は非加熱で作る牛乳が原料の脂肪分ということがわかりました。

「生クリーム」は牛乳由来の脂肪分が多い食材で、クリーミーで濃厚な風味が特徴です。

「生クリーム」は料理やお菓子作りなど幅広く利用されており、液体のまま使用したり、泡立てて使用したりします。

つまり「生クリーム」とは、乳脂肪分を多く含む液状の食材といえます。

シャンテリークリームの定義

「シャンテリークリーム」は広辞苑に記載がないためWeblio辞典等を調べたところ「甘味を加えた生クリーム」を指すことが分かりました。

「シャンテリークリーム」はお菓子作りに使用されるのが一般的で、普通の「生クリーム」よりも甘く、弾力があります。

また「シャンテリークリーム」は泡立てた状態のクリームを指すため、液体で使用されることはありません。

つまり「シャンテリークリーム」とは、砂糖を加えて泡立てた状態の生クリームといえます。

created by Rinker
¥9,900 (2024/04/18 11:19:16時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「生クリーム」と「シャンテリークリーム」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 生クリームは「非加熱で作る牛乳が原料の脂肪分
  • シャンテリークリームは「甘味を加えて泡立てた生クリーム

となり、「生クリーム」は乳脂肪分を多く含む液状の食材で、「シャンテリークリーム」は砂糖を加えて泡立てた状態の生クリームであることがわかりました。

生クリームとホイップクリームの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました