スポンサーリンク

モーブとローズの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「モーブ」と「ローズ」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも花にちなんだ色の名前ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「モーブ」と「ローズ」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

モーブの定義

「モーブ」を広辞苑で調べると、

イギリスのパーキンが発見した世界初の合成染料。薄紫色。熱水に微溶。耐光性・堅牢性に劣る。モーベイン。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「モーブ」は薄くグレーがかった青みのある紫色であることが分かりました。

葵を意味する「モーベイン」が語源になっており、その名の通り葵の花のような色をしています。

1856年に偶然発見された人類初の科学染料で、アニリンを原料としていることから「アニリンパープル」とも言われています。

[タビオ] [靴下屋]クツシタヤ 30デニールプレミアムタイツ M~Lサイズ 日本製 モーヴ
created by Rinker

ローズの定義

「ローズ」を広辞苑で調べると、

薔薇色。淡紅色。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ローズ」はバラの花のようなやわらかな赤色を指すことが分かりました。

「ローズ」は少し紫が入った彩度の高いピンクで、赤とマゼンタの中間の色をしています。

「オールドローズ」「ローズレッド」「ローズピンク」など、派生色が多いのも特徴です。

モーブとローズはどちらも紫が入っていますが、ローズはどちらかというと赤に近い色です。

ニベア リッチケア&カラーリップ スモーキーローズ 2g
created by Rinker
created by Rinker
¥9,900 (2023/06/07 08:56:18時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「モーブ」と「ローズ」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • モーブは「葵の花のような青みのある紫色」
  • ローズは「バラの花のようなやわらかい赤色」

となり、「モーブ」は紫寄りの色であるのに対し、「ローズ」はピンクや赤寄りの色であることが分かりました。

「青と蒼の違い」や「赤と紅と朱の違い」についてもまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました