スポンサーリンク

ブルーベースとイエローベースの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「ブルーベース」と「イエローベース」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもファッション雑誌などでよく見かける言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「ブルーベース」と「イエローベース」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

ブルーベースの定義

「ブルーベース」は広辞苑に掲載がありませんが、言葉を分解すると「ブルー」と「ベース」に分けられます。
「ブルー」は「青」、「ベース」は「土台」という意味なので、直訳すると「青色の土台」であることがわかります。

さらにインターネットで調べると、ブルーベースとは人の肌の色を意味していて、以下のような特徴があることがわかりました。

  • 日焼けをすると赤くなりやすい
  • 手のひらの色がピンク、もしくは青っぽい
  • 瞳や髪の色が黒い
  • 手首の血管が青っぽく見える

基本的にブルーベースの女性は、肌の透明感を引き出せるような青みのあるカラーがよく似合うと言われています。

イエローベースの定義

「イエローベース」は広辞苑に掲載がありませんが、言葉を分解すると「イエロー」と「ベース」に分けられます。
「イエロー」は「黄」、「ベース」は「土台」という意味なので、直訳すると「黄色の土台」であることがわかります。

さらにインターネットでイエローベースについて調べると、以下のような特徴があることがわかりました。

  • 日に焼けると黒くなりやすい
  • 手のひらの色がオレンジ、もしくは黄色っぽい
  • 瞳や髪の色が茶色っぽい
  • 手首の血管が緑っぽく見える

基本的にイエローベースの女性は、イエローやブラウン、オレンジなどを選ぶと顔色がトーンアップすると言われています。

created by Rinker
¥9,900 (2023/09/23 09:33:29時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「ブルーベース」と「イエローベース」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • ブルーベースは「青みカラーの似合う透明感のある肌」
  • イエローベースは「黄色っぽく健康的な肌」

となり、どちらも生まれ持った肌の色を意味する言葉で、「ブルーベース」と「イエローベース」では似合う色も異なるということが分かりました。

骨格のストレート・ウェーブ・ナチュラルの違いについてもまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました