スポンサーリンク

小売と卸売の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

経済

「小売」と「卸売」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも商品売買に関する用語ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「小売」と「卸売」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

小売の定義

「小売」を広辞苑で調べると、

物品を卸売から買い入れて、これを消費者に分けて売ること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「小売」は卸売から買い入れて消費者に売ること、であることがわかりました。

「小売」とは、スーパーマーケットなどの店舗が、消費者に商品を直接販売することを指します。

また、スーパーマーケットのように、さまざまな仕入れ先から商品を受け取り、店頭で販売する業者を「小売業者」と呼びます。

「小売業者」のターゲットは、各家庭や個人経営の居酒屋など、小規模な取引をする消費者です。

つまり「小売」は、「一般の消費者向けに、多種多様な商品を販売すること」と言えます。

卸売の定義

「卸売」を広辞苑で調べると、

生産者・輸入商から大量の商品を仕入れて小売商人に売り渡すこと。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「卸売」は生産者などから大量の商品を仕入れて小売商人に売ること、ということがわかりました。

「卸売」は、大手メーカーや市場などから、大量の商品をまとめて買い、それをスーパーマーケットなどの小売業者に売ることを指します。

例えば、全国から、たくさんの数や種類の出荷品が届く市場を「卸売市場」と呼び、その卸売市場で商品を売買するのが、「卸売業者」です。

つまり「卸売」は、「たくさんの出荷品が届く、卸売市場などで商品取引をすること」と言えます。

created by Rinker
¥9,900 (2024/02/23 10:50:04時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「小売」と「卸売」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 小売は「卸売から買い入れて消費者に売ること
  • 卸売は「生産者などから大量の商品を仕入れて小売商人に売ること

となり、「小売」は一般の消費者向けに多種多様な商品を販売することであり、「卸売」はたくさんの出荷品が届く卸売市場などで商品取引をすること、であることがわかりました。

スーパーとコンビニの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

経済
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました