スポンサーリンク

フードプロセッサーとミルの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

商品

「フードプロセッサー」と「ミル」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも食材を細かくするとても便利な機械ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「フードプロセッサー」と「ミル」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

フードプロセッサーの定義

「フードプロセッサー」を広辞苑で調べると、

食材を細かく切ったりすりおろしたりする電動調理器具。

広辞苑 第七版 2525Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「フードプロセッサー」は食材を細かくする電動の調理器具であることが分かりました。

大きな刃であっという間に野菜をみじん切りにしたり肉をミンチにすることができるため、ミートソースなどを作る場合や、子どもの離乳食を作るのにとても重宝される機械です。

ミルの定義

「ミル」は広辞苑に掲載がないためWikipedia等で調べると、「ミル」は小さく硬いものを細かく砕いたりペースト状にする機械であることが分かりました。

「ミル」は煮干しなどの小魚やコーヒー豆などを専用のカップに入れて粉砕します。

「フードプロセッサー」と違い刃も小さいので、ざくざく切った野菜や肉などを細かくすることはできません。

また、ミルには電動のものと手動のものがありますが、岩塩など削って使用するものは食品売り場で主導のミル付きの入れ物に入って売られていることも多くあるなどとても手に入りやすい商品です。

このように岩塩や粒胡椒、胡麻などを削る「ミル」は食べる直前に削ってかけるので、風味も立ってよりおいしく食べることができます。

created by Rinker
¥9,900 (2022/10/01 05:03:53時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「フードプロセッサー」と「ミル」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • フードプロセッサーは「肉や野菜などの食材を細かくする機械」
  • ミルは「小魚やコーヒー豆などの小さい食材を少量だけ細かくする機械」

となり、「フードプロセッサー」は食材を細かくする機械であるのに対し、「ミル」は少量の小さいものをより細かくする機械であることが分かりました。

ミキサーとブレンダーの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

商品
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました