スポンサーリンク

説明できる?座布団とクッションの違い。定義は?広辞苑より。

商品

座布団とクッションの違い、あなたは理解していますか?

お尻に敷くのが座布団、背中でもたれるのがクッション、そんなイメージがあるかもしれません。

このページを読めば「座布団」と「クッション」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

座布団の定義

座る時に敷くふとん。

広辞苑 第七版 1192Pより [発行所:株式会社岩波書店]

その名の通り、座布団は寝具の布団を小さくした形をしており、畳や床、または椅子の上に敷いて上に座るものです。

綿などが入っていますが、そこまで弾力は無く、上に座ることでお尻が冷えることなく、また痛くならずに座ることが出来ます。

ゲルクッション
created by Rinker
Lahuko

クッションの定義

洋風の柔らかい座ぶとん。

広辞苑 第七版 842Pより [発行所:株式会社岩波書店]

クッションは洋風の座布団とのことですが、座布団より弾力があり、小ぶりなものが多いです。
また、弾力があるため上に座るには適さず、ソファやベッドに置いて背中に当てるなどして使用します。

created by Rinker
¥9,900 (2021/12/02 14:44:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「座布団」と「クッション」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 座布団は「小さな布団で、床などに敷いて上に座るもの」
  • クッションは「洋風の座布団で、弾力がありソファなどに置いて背中に当てたりするもの」

となり、厚みと用途に違いがあることが分かりました。
やはり座布団と言えば畳の上の和柄のカバーが想像できるように、座布団は日本のもの、クッションは西洋のものとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました