スポンサーリンク

トレードとバーターの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「トレード」と「バーター」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも取引に関する言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「トレード」と「バーター」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

トレードの定義

「トレード」を広辞苑で調べると、

貿易。取引。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「トレード」は貿易や取引を意味することがわかりました。

トレードとは、ビジネスにおいて商品やサービス、金銭などを交換することを指します。

また「トレードオフ」という言葉には”何かを達成するために、何かを犠牲にしなければいけない”という意味があります。

例えば、「時間とお金のトレードオフ」とは、時間を節約するためにはお金を使う必要がある、という時間とお金の取引関係を表しています。

トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか
created by Rinker

バーターの定義

「バーター」を広辞苑で調べると

物物交換。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「バーター」は物物交換を意味することがわかりました。

取引するという点では「トレード」と似た意味を持ちますが、「トレード」の場合、お金も含めた「物、サービス、金銭」などが交換されることをさします。

一方「バーター」は、お金を使わずに物やサービスを直接交換することです。

例えば、友人と漫画を交換したり、広告会社が広告スペースと商品を交換したりする、などのケースが考えられます。

つまり「バーター」は、金銭のやり取りがない取引、ということです。

created by Rinker
¥400 (2024/02/23 00:42:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2024/02/23 10:50:04時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「トレード」と「バーター」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • トレードは「貿易や取引
  • バーターは「物物交換」

となり、「トレード」はビジネスにおいて商品やサービス、金銭などを交換することで、「バーター」は金銭のやり取りがない取引、であることがわかりました。

株とFXと投資信託の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました