スポンサーリンク

スキレットとフライパンの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

商品

「スキレット」と「フライパン」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも食材を料理するときに使われる片手鍋ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「スキレット」と「フライパン」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

スキレットの定義

「スキレット」は広辞苑に掲載されていないため、Wikipediaや他の関連サイト等を調べると、「スキレット」は鋳鉄製の厚みがあるフライパンであることが分かりました。

「スキレット」は焼いたり、蒸したり、煮たり、そのままオーブンに入れられたりとさまざまな活用法があります。特に最近では、アウトドア料理で大活躍で、キャンプに持って行く人が多いようです。

「スキレット」は鋳鉄製であるため、アルミやステンレスと比べて熱伝導性が高く蓄熱性にも優れているのが特徴です。熱が均一にじっくりと伝わるため、おいしい料理が作れます。

最近では、IH対応の「スキレット」も登場したことで、家で「スキレット」を使ったおしゃれな料理を作って楽しむ人も増えています。

created by Rinker
ロッジ(Lodge)
¥2,473 (2022/12/08 10:09:28時点 Amazon調べ-詳細)

フライパンの定義

「フライパン」を広辞苑で調べると、

(frying pan)長い柄のついた、厚手の浅い鍋。材料を炒めたり焼いたりするのに用いる。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「フライパン」は長い柄のついた厚手の浅い鍋であることが分かりました。

「フライパン」は片手鍋のひとつで、主に焼いたり炒めたりする料理に使われます。

素材には鉄やアルミなどのものがあり、表面の焦げ付きを防止するためにフッ素樹脂加工やマーブルコート加工、ダイヤモンドコート加工などがされているものが多くあります。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥3,800 (2022/12/08 10:09:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2022/12/09 07:08:38時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「スキレット」と「フライパン」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • スキレットは「鋳鉄製の厚みがあるフライパンで、キャンプをする人たちから人気である。焼いたり炒めたり蒸したり、そのままオーブンに入れることもできる」
  • フライパンは「片手鍋の一種で、主に焼いたり炒めたりするときに使われる」

となり、「スキレット」と「フライパン」は見た目は似ていますが、素材や使われる場面に違いがあることが分かりました。

テフロン加工とダイヤモンドコートの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

商品
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました