スポンサーリンク

応対と応接の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「応対」と「応接」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもお客様に対する丁寧な対応のイメージですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「応対」と「応接」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

応対の定義

「応対」を広辞苑で調べると、

相手になってうけこたえすること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「応対」は相手からの要求や質問に対して適切に応えることを指すことが分かりました。

具体的には、顧客や上司からの問い合わせに対して的確に対応することや、相手の話を聴きながら適切な反応を示すことなどが挙げられます。

人間関係を円滑にする上で重要なスキルであり、日常的なコミュニケーションでも用いられています。

また、サービス業では応対の質が顧客満足度や企業イメージに大きく影響するため、特に重要視されます。

応接の定義

「応接」を広辞苑で調べると、

人の相手をすること。相手になって応対すること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「応接」は来客を迎え入れ、接待することを指すことが分かりました。

応接するための部屋のことを「応接間」「応接室」といいます。

来客を建物内に招き入れて、きちんと向き合って相手をすることが「応接」であり、丁寧な対応がとられます。

ビジネスや社交の場で行われることが多いのも特徴のひとつです。

なお、「応接」には「応対」が含まれています。

created by Rinker
¥9,900 (2024/02/26 10:50:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「応対」と「応接」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 応対は「要求や質問に対応すること」
  • 応接は「来客を迎え入れ接待すること」

となり、「応対」は相手の要求に応えることであるのに対し、「応接」はお客様を接待することであることが分かりました。

久しぶりとご無沙汰の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました