スポンサーリンク

公演と講演の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「公演」と「講演」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも口に出すと「こうえん」という言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「公演」と「講演」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

公演の定義

「公演」を広辞苑で調べると、

公衆の面前で演劇・舞踊・音楽などを演ずること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「公演」は演者が舞台上などで観客に向けて劇や踊り、音楽などを披露する場であることがわかりました。

「公演」はその場で直接演じて見せることを指すため、映画などは「公演」にはあてはまりません。
映画の場合は「上映」という言葉が用いられます。

また、そのほかに「公演」に似た言葉として「上演」がありますが、これは演劇のみに対して使われるもので、「この演劇の上演時間は2時間です」などといった使い方があります。

講演の定義

「講演」を広辞苑で調べると、

聴衆に対してある題目について話をし説ききかせること。また、その話。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「講演」は演者が大勢の観客に対して何らかのテーマに沿った話を聞かせる場であることがわかりました。
講師が主体となって観客へ教え、それによって観客が知識を身につけたり見聞を広めたりすることを目的としたものがあります。

同じように話を聞く場として「セミナー」がありますが、これは受講者が自主的に勉強などを行い、その内容に関して他の受講者と話をしたりするものが一般的です。
あくまでも主体となるのは受講者で、講師はアドバイスなどを行う立場にあります。

created by Rinker
¥9,900 (2024/02/26 10:50:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「公演」と「講演」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 公演は「演者が舞台上などで観客に向けて劇や踊り、音楽などを直接披露する場」
  • 講演は「演者が大勢の観客に対して何らかのテーマに沿った話を教え説く場」

となり、「公演」は演者が演劇や音楽などを演じる場であるのに対し、「講演」は演者が講師となって学びを与える場であることが分かりました。

講習とセミナーの違いについてもまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました