スポンサーリンク

校長と教頭の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

職業

「校長」と「教頭」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも学校の先生の役職を指す言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「校長」と「教頭」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

校長の定義

「校長」を広辞苑で調べると、

大学を除く学校において、校務を管理し所属職員を監督する最高責任者。学校長。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「校長」は大学を除く学校で、学校運営をするのに必要な仕事や、勤めている職員を監督する最高責任者であることが分かりました。

「校長」は、学校教育法によって学校に必置とされています。
「校長」になる資格として、教諭の一級普通免許状と5年間以上の教育に関する職務経験が必要となりますが、私立学校についてはその限りではなく緩やかな特例が定められている場合があります。

その他にも「校長」は、的確な判断料、決断力、交渉力といった資質能力が求められます。

教頭の定義

「教頭」を広辞苑で調べると、

小・中・高等学校で、校長を助け、校務を整理する職。学校教育法で規定。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「教頭」は、小・中・高等学校で校長を助け校務を整理する役職のことであることが分かりました。

「教頭」は、学校教育法で高等学校に必置、小学校、中学校、特殊学校、幼稚園には特別の事情がない限りおかれる職制として定められています。「教頭」は校長を助けることはもちろんの事ですが、必要に応じて幼児の保育、児童・生徒の教育を実施することもあります。

「教頭」になるには、一定年数以上の教育経験が必要となり、都道府県によっては、主任や主事などの経験も必要となります。

created by Rinker
¥9,900 (2024/07/13 10:17:57時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「校長」と「教頭」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 校長は「学校運営をするのに必要な仕事や、勤めている職員を監督する最高責任者のこと」
  • 教頭は「小・中・高等学校で校長を助け校務を整理する役職のこと」

となり、「校長」は学校運営における最高責任者であるのに対し、「教頭」は校長を助け校務を整理する役職であることが分かりました。

「教頭と副校長の違い」についてもまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

職業
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました