スポンサーリンク

参与と参事の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

職業

「参与」と「参事」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも組織に関する用語ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「参与」と「参事」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

参与の定義

「参与」を広辞苑で調べると、

学識経験のある人を行政事務などのそうだんにあずからせること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「参与」は学識経験のある、組織の相談役を指すことが分かりました。

「参与」は専門的な知識を持つ人物が、組織や団体に対して助言や指導を行うことを指します。

例えば、政府の高官が特定の政策について意見を求められたり、企業の重要な意思決定に関与したりする場合、その立場を「参与」と呼ぶことがあります。

つまり「参与」とは、専門的な知識や経験豊富な人物が組織などに対して助言や指導を行うことです。

参事の定義

「参事」を広辞苑で調べると、

ある事務に参与すること。また、その職名。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「参事」はある事務に参与することということがわかりました。

「参事」は専門知識や豊富な経験を持つ人物または組織が、ある活動や事業に参加することを指します。

例えば、プロジェクトの計画や実行に関与する人、あるいは特定の活動に対して資金やリソースを提供する組織などが「参事者」です。

つまり「参事」とは、専門知識を持つ人物が事業に参加し役割や責任を担うことであるといえます。

created by Rinker
¥9,900 (2024/05/20 11:29:30時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「参与」と「参事」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 参与は「学識経験のある人を行政事務などのそうだんにあずからせること
  • 参事は「ある事務に参与すること

となり、「参与」は専門的な知識や経験豊富な人物が組織などに対して助言や指導を行うことで、「参事」は専門知識を持つ人物が事業に参加し役割や責任を担うことであることがわかりました。

提供と協賛の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

職業
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました