スポンサーリンク

説明できる?意外と知らない、「こしあん」「つぶあん」「つぶしあん」「小倉あん」の違い。定義はなに?広辞苑より。

食べ物

普段何気なく食べているあんこ。
「つぶあん派?こしあん派?」は良く論争になる議題ですよね。

今回はつぶあん・こしあんに「つぶしあん」と「小倉あん」を加え、計4種類の違いについてまとめています。

このページを読めば「こしあん」と「つぶあん」と「つぶしあん」と「小倉あん」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

こしあん(漉餡)の定義

小豆などをゆでて漉(こ)し、皮を取り去った後、砂糖を混ぜて煮て練った餡。

広辞苑 第七版 1052Pより [発行所:株式会社岩波書店]

こしあんの作り方は有名ですよね。広辞苑にある通り「ゆでたあとにこす」ことで、なめらかな食感のあんこに仕上がります。
水ようかんで使われるのは主にこしあんです。

つぶあん(粒餡)の定義

小豆などをゆでて、粒のまま、皮を取り去らずに砂糖を混ぜて煮て練った餡。

広辞苑 第七版 1958Pより [発行所:株式会社岩波書店]

つぶあんは広辞苑の通り「小豆を潰さないように、粒のまま作ったあんこ」を指します。
こしあんに比べて舌触りがゴツゴツしていて、小豆そのものの旨味を味わうことができます。

つぶしあん(潰し餡)の定義

あまり聞きなじみがないかもしれない「つぶしあん」。こちらも広辞苑に掲載がありました。

小豆を煮て、すりつぶして製したあん。

広辞苑 第七版 1958Pより [発行所:株式会社岩波書店]

「つぶしあん」はあえて小豆を潰して炊き上げたあんこを指します。
小豆の外皮が残ったままなので、「こしあん」と「つぶあん」の中間の味わいが楽しめます。

小倉あんの定義

最後に小倉あんですが、こちらは広辞苑に掲載がありませんでした。

小倉あんは「こしあんに大粒の小豆を甘く煮て加えたもの」を指します。
なめらかなあんこと、存在感のある小豆が楽しめるのが特徴です。

ちなみに小倉あんの読み方は「こくらあん」ではなく「おぐらあん」です。京都の小倉山が由来と言われています。

created by Rinker
¥9,900 (2021/12/02 14:44:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「こしあん」と「つぶあん」と「つぶしあん」と「小倉あん」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • こしあんは「小豆を茹ででこしたあんこ」
  • つぶあん「小豆を潰さずに粒のまま作ったあんこ」
  • つぶしあんは「小豆をあえて潰して作ったあんこ(こしあんとつぶあんの中間)」
  • 小倉あんは「こしあんに大粒の甘く煮た大豆を加えたあんこ」

を指します。

どれも独特の美味しさを兼ね備えているので、こしあん・つぶあん論争だけでは収まりません。

おれは「つぶしあん派」かな!

と言ったら「詳しいね!」と言われるか、「なんか面倒な人だな…」と思われるか、どのような反応になるか気になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました