スポンサーリンク

知ってる?プロテインとジュニアプロテインの違い。定義は?広辞苑より。

食べ物

「プロテイン」と「ジュニアプロテイン」の違い、あなたは理解していますか?

子供用と大人用の差は何なのか、子供は普通のプロテインではなくジュニアプロテインを飲むべきなのか気になるところです。

このページを読めば「プロテイン」と「ジュニアプロテイン」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

プロテインの定義

蛋白質。

広辞苑 第七版 2610Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、運動後に飲むことで知られるプロテインは「タンパク質」を補うものであることが分かりました。
また通常のプロテインにはビタミンなども配合されていますが多くの成分がたんぱく質となります。

アレルギーなどが無ければ年齢制限なく、栄養を補うことが出来ます。

ジュニアプロテインの定義

ジュニアプロテインに関しては広辞苑に掲載が無いため複数のメーカーのサイト等でリサーチしたところ、「ジュニアプロテインにはタンパク質に加え、カルシウム・鉄・マグネシウム・ビタミンなどが配合されている」ことが分かりました。

通常のプロテインを子供が飲用することに問題はないようですが、子供の成長に必要な栄養素をバランスよく補うには不足しがちなタンパク質以外の栄養素も含まれた「ジュニアプロテイン」が適しているようです。

また、大人がジュニアプロテインを飲むことも出来ますが、通常のプロテインに比べジュニアプロテインはタンパク質の含量が低いため、体づくりのためにタンパク質を取り入れたい人には不向きとなります。

created by Rinker
¥9,900 (2021/12/02 14:44:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「プロテイン」と「ジュニアプロテイン」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • プロテインは「タンパク質を補うもので、運動後の他、不足しているタンパク質を補いたい時に重宝される」
  • ジュニアプロテインは「タンパク質以外のカルシウムや鉄などが含まれており、バランスよく栄養を補えるもの」

となり、ジュニアプロテインは運動の有無にかかわらず不足しがちな栄養素を補うのに活躍してくれます。

どちらも子供も大人も飲用出来ますが、商品ごとにタンパク質の含量等に違いがあるため目的に応じた栄養素のあるものを取り入れるのが良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました