スポンサーリンク

ギターとウクレレの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

商品

「ギター」と「ウクレレ」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも美しい音色が人々を魅了する弦楽器ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「ギター」と「ウクレレ」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

ギターの定義

「ギター」を広辞苑で調べると、

撥弦楽器。木製で、8の字形の共鳴箱と桿(サオ)から成り、ふつう6弦を張り、指先やピックで弾いて演奏する。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ギター」は指先やピックで弾いて演奏する木製の弦楽器であることが分かりました。

「ギター」は弦が6本張られていて、左手の指で弦を押さえながら右手の指先やピックで弾くことでさまざまな音を出すことができます。

「ギター」には大きく分けて「アコースティックギター」と「エレキギター」と「クラシックギター」の3種類が存在し、それぞれ見た目や使われる場面が違っています。

ウクレレの定義

「ウクレレ」を広辞苑で調べると、

ギターに似た小型の4弦楽器。19世紀にポルトガル人がハワイに伝えた楽器を改良したもの。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ウクレレ」はギターに似た弦楽器で、主にハワイアン音楽で演奏されるものであることが分かりました。

「ウクレレ」はハワイで生まれた楽器です。「ギター」によく似ていますが、ウクレレはとても小さく、弦は4本です。

弾き方は「ギター」と同じで、左手の指で弦を押さえながら右手の指で弦を弾きます。

created by Rinker
¥9,900 (2022/11/29 06:58:42時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「ギター」と「ウクレレ」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • ギターは「6本の弦が張られた木製の楽器で、アコースティックギターやエレキギターなど曲調によって使い分けがされている」
  • ウクレレは「ハワイで生まれた木製の楽器で、4本の弦が張られたギターより小さいもの」

となり、「ギター」と「ウクレレ」は同じ弦楽器ですが、大きさや弦の本数、音色が違っていることが分かりました。

電子ピアノとキーボードの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

商品
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました