スポンサーリンク

ブルーマウンテンとキリマンジャロの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「ブルーマウンテン」と「キリマンジャロ」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもコーヒー豆の種類ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「ブルーマウンテン」と「キリマンジャロ」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

ブルーマウンテンの定義

「ブルーマウンテン」を広辞苑で調べると、

(ジャマイカ島東部の山地名から)ジャマイカのブルー‐マウンテン地区で産するコーヒー豆。酸味・苦味・甘味が調和して、香りの高い高級品。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ブルーマウンテン」はジャマイカのブルーマウンテン地区で栽培されているコーヒー豆の名称であることが分かりました。

「ブルーマウンテン」は“黄金バランスのコーヒー”と呼ばれており、酸味、苦味、甘味がちょうど良い香り高いコーヒーです。

生産される「ブルーマウンテン」の約70%を日本が輸入しているほど、日本人に愛されているコーヒーです。

キリマンジャロの定義

「キリマンジャロ」を広辞苑で調べると、

タンザニアのキリマンジャロ州で産するコーヒー豆の名。また、同国産のアラビカ種のコーヒーの通称。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「キリマンジャロ」はタンザニアのキリマンジャロ州で栽培されているコーヒー豆の名称であることが分かりました。

「キリマンジャロ」は酸味が強めで、コクがあり、苦味が少ないのが特徴です。

浅煎りと中煎りでは酸味が際立ち、深煎りだと甘味が強く感じられます。好みによって挽き方を変えてみるのも楽しいですね。

created by Rinker
¥9,900 (2022/12/09 07:08:38時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「ブルーマウンテン」と「キリマンジャロ」違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • ブルーマウンテンは「ジャマイカで栽培されているコーヒー豆の名称。黄金バランスのコーヒーと呼ばれており、日本が生産量の約70%を輸入している」
  • キリマンジャロは「タンザニアで栽培されているコーヒー豆の名称。酸味が強いのが特徴である」

となり、「ブルーマウンテン」と「キリマンジャロ」は同じコーヒー豆でも香りや味わいが全く違うことが分かりました。

コーヒー豆の挽き方の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました