スポンサーリンク

油性ペンとネームペンの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

商品

「油性ペン」と「ネームペン」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも文字を書くときに使うマジックで、簡単に消えないインクですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「油性ペン」と「ネームペン」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

油性ペンの定義

「油性ペン」は広辞苑に掲載がありませんが、言葉を分解すると「油性+ペン」になります。
「油性」を広辞苑で調べると、

油に溶けやすい性質を持っていること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことなので、「油性ペン」は油に溶けやすいインクのペンです。水には溶けにくいので、油性ペンで書いたものを消す場合は除光液やエタノールなどを使用する必要があります

さらに調べると、「油性ペン」には油性染料インクと油性顔料インクの2種類があることが分かりました。
それぞれ以下のような特徴があります。

・油性染料インク:水に強いが紫外線に弱い(光に当たると色あせ、消えやすくなる)
・油性顔料インク:水にも紫外線にも強い(長持ちする)

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥865 (2023/02/03 23:33:01時点 Amazon調べ-詳細)

ネームペンの定義

「ネームペン」は広辞苑に掲載がありませんが、言葉を分解すると「ネーム+ペン」なので、名前を書くためのペンということになります。

衣服にペンで名前を書くと、洗濯のときの色移りや色あせ、布のにじみなどが問題になります。
これらのトラブルが起きにくいよう、インクやペン先に工夫を加えたものが、「ネームペン」である
ことがわかりました。

「ネームペン」はザラザラした布だけでなく、ツルツルのビニールや金属にも記入でき、さまざまな場面で活躍します。

created by Rinker
サクラクレパス
¥294 (2023/02/03 23:33:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2023/02/04 07:57:53時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「油性ペン」と「ネームペン」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 油性ペンは「水に強い性質をもったインクのマジック」
  • ネームペンは「衣服などに名前を書きやすいよう改良されたマジック」

となり、「油性ペン」は洗濯しても色が落ちにくいマジックであるのに対し、「ネームペン」は名前を書くことに特化して作られたマジックであることが分かりました。

「朱肉とスタンプ台の違い」についてもまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

商品
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました