スポンサーリンク

店長とオーナーの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

職業

「店長」と「オーナー」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもお店の責任者のことを意味する名称ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「店長」と「オーナー」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

店長の定義

「店長」を広辞苑で調べると、

店の責任者。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「店長」はお店の最高責任者であることが分かりました。

「店長」は商品の仕入れから従業員の配置、売上の管理などすべての業務を担っています。

お店の売上のために商品の値段だけでなく、お店の家賃や光熱費などもしっかり把握しておかなければいけません。

オーナーの定義

「オーナー」を広辞苑調べると、

(持主の意)会社・店舗などの所有者。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「オーナー」は会社や店舗の所有者であることが分かりました。

「オーナー」は自分のお店が利益を出せるように経営戦略を考えたり、社員の教育、売上や経費の計算などの仕事があります。

「オーナー」の中には、自分の店舗を所有していて自身も「店長」として仕事をしている「オーナー店長」と呼ばれる人もいますが、「オーナー」とは別に「雇われ店長」と言われる人がいてたくさんある仕事を分けている場合もあります。

created by Rinker
¥9,900 (2022/08/11 03:11:13時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「店長」と「オーナー」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 店長は「お店の最高責任者で、商品の仕入れから人材確保、利益や経費の計算などの仕事がある」
  • オーナーは「お店の所有者で、利益を出すためにさまざまな仕事がある。オーナーが店長を兼任している場合と、オーナーと別に雇われ店長がいる場合がある」

となり、「店長」はお店の最高責任者であるのに対し、「オーナー」はお店の所有者であることが分かりました。

コックとシェフと板前の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

職業
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました