スポンサーリンク

料理人と料理研究家の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

職業

「料理人」と「料理研究家」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも料理を作ることを職業としている人ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「料理人」と「料理研究家」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

料理人の定義

「料理人」を広辞苑で調べると、

料理することを業とする人。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「料理人」は料理をすることを職業とする人であることが分かりました。

「料理人」になるためには、調理について学べる学校に通ったり、飲食店で見習いとして働きながら腕を磨くことが必要となります。

やがて自分の店を持つようになると、料理の腕だけでなく、お店の経営についても考えなければなりません。おいしさとコストのバランスをうまく取っていくことも大切な仕事なのです。

「料理人」はお店によっては「コック」や「板前」などとも呼ばれることがありますが、これは料理のジャンルによって呼び方が違うためです。つまり「コック」や「板前」などの総称が「料理人」なのです。

created by Rinker
¥1,350 (2022/10/05 18:44:06時点 Amazon調べ-詳細)

料理研究家の定義

「料理研究家」は広辞苑に掲載されていないためWikipediaや他の関連サイト等を調べると、「料理研究家」は料理について研究し、その内容を第三者に伝達する人であることが分かりました。

「料理研究家」は料理の専門家です。研究しながら創作した料理のレシピをテレビや本などのメディアを通して公開します。

また、料理教室を開いて生徒に教えたり、飲食店の店員に対して料理の指導を行ったりします。

created by Rinker
¥9,900 (2022/10/05 05:06:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「料理人」と「料理研究家」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 料理人は「料理を作ることを職業としている人で、料理のジャンルによってコックや板前などとも呼ばれている」
  • 料理研究家は「料理について研究する専門家で、料理を創作したり料理教室を開いたり、飲食店に対して指導したりとさまざまな仕事がある」

となり、「料理人」と「料理研究家」はどちらも料理を作ることを仕事とする人ですが、「料理人」にはお店で客に料理を振舞うという違いがあることが分かりました。

コックとシェフと板前の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

職業
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました