スポンサーリンク

コンポストと生ゴミ処理機の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

商品

「コンポスト」と「生ゴミ処理機」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもゴミを扱う製品ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「コンポスト」と「生ゴミ処理機」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

コンポストの定義

「コンポスト」を広辞苑で調べると、

(堆肥の意)生ごみや下水汚泥などを発酵腐熟させた肥料。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「コンポスト」は生ゴミを発酵腐熟させた肥料、ということがわかりました。

コンポストとは、家庭から出る生ゴミや落ち葉、枯れ草などの有機物を、微生物の働きを活用して発酵・分解させ堆肥化したものです

代表的なものは、家庭で手軽に作れる「家庭用コンポスト」と、一度に大量の有機物を処理できる「大型コンポスト」などがあります。

家庭用コンポストは、家庭から出る有機物を堆肥として再利用するための道具で、野菜や花の栽培に利用するのが一般的です。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥4,480 (2023/12/04 17:13:55時点 Amazon調べ-詳細)

生ゴミ処理機の定義

「生ゴミ処理機」は広辞苑に記載がないためWikipedia等を調べたところ、「生ゴミ処理機」は生ごみなどの有機物を処理する家電製品のことを指すことがわかりました。

生ゴミは水分量が多いため、輸送や焼却にかかるコストが大きくなりますが、生ゴミ処理機を利用することで、ゴミの減量やにおいを抑制できます。

そのため一部の自治体では、生ゴミ処理機の購入に補助金を出すなどの普及活動を行って。

生ゴミ処理機には、バイオ式生ゴミ処理機と乾燥式生ゴミ処理機の2種類があり、家庭環境や目的に合った種類を選ぶことが重要です。

created by Rinker
¥9,900 (2023/12/05 10:07:20時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「コンポスト」と「生ゴミ処理機」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • コンポストは「生ゴミを発酵腐熟させた肥料
  • 生ゴミ処理機は「生ごみなどの有機物を処理する家電製品のこと

となり、「コンポスト」は家庭から出る有機物を再利用するための道具で、「生ゴミ処理機」は生ゴミの減量やにおいの抑制などの利点があることがわかりました。

ボタニカルとオーガニックの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

商品
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました