スポンサーリンク

販売と営業の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

職業

「販売」と「営業」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも商品やサービスについてのビジネス用語ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「販売」と「営業」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

販売の定義

「販売」を広辞苑で調べると、

売りさばくこと。あきなうこと。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「販売」は品物を売ること、ということがわかりました。

事業として、商品を売ることを主な目的とする業態を「販売業」と呼び、商品を販売している業者を「販売業者」と呼びます。

「販売」と表現する場合は、店舗などに来た顧客に対して、商品を売る行為を指します
ですので、業者が自ら顧客のもとに赴いて取引する場合は、「販売」にはなりません。

created by Rinker
¥1,172 (2024/04/23 14:58:40時点 Amazon調べ-詳細)

営業の定義

「営業」を広辞苑で調べると、

営利を目的として事業をいとなむこと。商業上の事業。商売。
営利行為を反復かつ継続的に行うこと。また、個人商人が営業活動のために保有する財産を一括して営業ということがある。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「営業」は商売を営むこと、ということがわかりました。

営業には多くの意味が含まれており、商売そのものや、企業の活動、業務時間、職業等があります。

職業としての「営業」は、何らかの商品を売り込んだり、商品を紹介したり、新しい得意先を開拓するなどが主な業務で、業者自らが顧客のもとに赴く商売であることが、「販売」と大きく違う点です。

created by Rinker
¥9,900 (2024/04/23 11:21:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「販売」と「営業」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 販売は「品物を売ること
  • 営業は「商売を営むこと

となり、「販売」は店舗等にやってきた顧客に対して商売をし、「営業」は顧客のもとに赴いて商売することであるとわかりました。

キャッシングとカードローンの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

職業
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました