スポンサーリンク

手品とマジックの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

職業

「手品」と「マジック」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも不思議な現象を起こすことですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「手品」と「マジック」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

手品の定義

「手品」を広辞苑で調べると、

雑芸の一種。種々のしかけで人の目をくらまし、不思議なことをして見せるもの。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「手品」は不思議なことをして見せる雑芸の一種、ということがわかりました。

「手品」は、観客を驚かせたり魅了したりする技能の一つです。

「手品」は主に手や小道具を使って行われ、その不可能に思えるトリックを披露する人は手品師と呼ばれます。

手品師の目的は人を楽しませることであり、エンターテインメントとして観客に不思議な体験を提供します。

つまり「手品」とは、主に小道具を使って行う不思議なエンターテインメントといえます。

マジックの定義

「マジック」を広辞苑で調べると、

手品。奇術。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「マジック」は手品や奇術の総称ということがわかりました。

「マジック」は手品に加えて心理学的なテクニックや視覚的なトリックも使用され、より広範囲の技術が組み込まれているのが特徴です。

また「手品」は一般的に小規模な環境で行われることが多いのに対し、「マジック」は舞台や大規模な公演で行われることが多い傾向にあります。

つまり「マジック」とは、より大規模で広範囲の技術を披露する手品といえます。

created by Rinker
¥1,500 (2024/04/18 04:44:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2024/04/18 11:19:16時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「手品」と「マジック」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 手品は「不思議なことをして見せる雑芸の一種
  • マジックは「手品や奇術の総称」

となり、「手品」は主に小道具を使って行う不思議なエンターテインメントで、「マジック」はより大規模で広範囲の技術を披露する手品であることがわかりました。

ギミックとトリックの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

職業
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました