スポンサーリンク

対象年齢と推奨年齢の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「対象年齢」と「推奨年齢」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも特定の年齢を表す単語ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「対象年齢」と「推奨年齢」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

対象年齢の定義

「対象」を広辞苑で調べると、

目標となるもの。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「対象年齢」は目標になる年齢ということがわかりました。

「対象年齢」は、ある商品やサービスなどが、どの年齢層をターゲットに考えているかを示す言葉です。

例えば、公園の遊具やおもちゃなどには「対象年齢〇〇歳」といった表示があります。

これは、遊具などで遊ぶ場合に、安全かつ適切である年齢範囲を示すための表示です。

小さい子どもには危険な部品があったり、理解するのに高度な知識が必要だったりするものには、対象年齢が高く設定されています。

つまり「対象年齢」とは、安全で楽しい体験をするための年齢範囲を示す表示、と言えます。

推奨年齢の定義

「推奨」を広辞苑で調べると、

人にすすめること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「推奨年齢」は人にすすめる年齢ということがわかりました。

「推奨年齢」とは、特定の商品や活動などが最も楽しめると考えられる、あるいは適切だとされる年齢の目安です。

例えば、パズルゲームに「推奨年齢5歳以上」と記載されている場合、5歳以上の子どもが楽しめるように設計されているという意味です。

「推奨年齢」はあくまでも目安であるため、「推奨年齢」より若い子どもでも楽しめたり、大人でも楽しめたりする場合もあります。

つまり「推奨年齢」とは、商品や活動を選ぶ際に目安となる年齢といえます。

created by Rinker
¥9,900 (2024/05/20 11:29:30時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「対象年齢」と「推奨年齢」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 対象年齢は「目標になる年齢
  • 推奨年齢は「人にすすめる年齢

となり、「対象年齢」は安全で楽しい体験をするための年齢範囲を示す表示で、「推奨年齢」は商品や活動を選ぶ際に目安となる年齢であることがわかりました。

弱冠と若干の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました