スポンサーリンク

商品と製品の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

商品

「商品」と「製品」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも人に使ってもらうために作られる品物ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「商品」と「製品」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

商品の定義

「商品」を広辞苑で調べると、

商売の品物。売買の目的物たる財貨。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「商品」は需要と供給の間で交換される品物であることが分かりました。

物やサービスなど、人々が必要とするものを生産し、市場に供給する対象物や対象サービスを指します。

商品を販売することで、企業は収益を得ることができ、消費者は欲しいと思うニーズを満たすことができます。

売買を目的としていることが大きなポイントで、売買のために管理・取引している間だけ「商品」と呼ばれます。

また、「商品」の状態のものは加工せずにそのまま販売されます。

created by Rinker
1万年堂出版
¥1,760 (2024/07/21 06:19:40時点 Amazon調べ-詳細)

製品の定義

「製品」を広辞苑で調べると、

製造した品物。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「製品」は原材料や部品を加工し、製造・組み立てられた完成品であることが分かりました。

原材料に何らかの加工を施し、別のものに変えているのが特徴です。

製造業者は責任をもって品質の管理を行い、完成度の高い製品を作ることが求められています。

商品との違いは販売されているかどうかにあります。

「製品」に需要があれば市場に供給され、「商品」となります。

created by Rinker
¥9,900 (2024/07/21 12:00:07時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「商品」と「製品」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 商品は「市場に供給される物やサービス」
  • 製品は「加工された完成品」

となり、「商品」は市場に供給されるものであるのに対し、「製品」は完成した品物であることが分かりました。

ビラとチラシとフライヤーの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

商品
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました