スポンサーリンク

普遍と不変と不偏の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「普遍」と「不変」と「不偏」の違い、あなたは説明できますか?

どれも同じ読み方の熟語ですが、それぞれに明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「普遍」と「不変」と「不偏」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

普遍の定義

「普遍」を広辞苑で調べると、

あまねくゆきわたること。すべてのものに共通に存すること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「普遍」はすべてのものに共通すること、ということがわかりました。

「普遍」を構成する「普」と「遍」という漢字はどちらも「あまねく」と読み、すべてにわたって広く一般に、という意味です。

普遍について、よりイメージしやすくするために「普遍的」という言葉を用いて説明します。

普遍的は、例外なくすべてのものに当てはまるや、極めて多くのものに当てはまるなどの意味で使われます。

例えば「普遍的な真理」としたならば、すべてのものに当てはまる真理。
「人類にとって普遍的な価値」としたならば、すべての人にとって価値があるという意味になります。

不変の定義

「不変」を広辞苑で調べると、

かわらないこと。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「不変」はかわらないこと、ということがわかりました。

不変の意味は変化しないことであり、現状を維持すると表現することもできます。

また不変は物質的にも、概念的にも「かわらない」様子を表す言葉です。

例えば「永久不変」とは、いつまでも果てしなく続いて変わらない様子という意味であり、「不変の真実」とは、変わることのない真実となります。

created by Rinker
¥1,725 (2024/05/24 06:10:19時点 Amazon調べ-詳細)

不偏の定義

「不偏」を広辞苑で調べると、

かたよらないこと。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「不偏」はかたよらないこと、ということがわかりました。

不偏の意味を踏まえると、公平や中立、平等などの言葉に言い換えることもできます。

使用例は「不偏な視点」「不偏な立場」「不偏な意見」等があります。

created by Rinker
¥9,900 (2024/05/23 11:32:44時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「普遍」と「不変」と「不偏」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 普遍は「すべてのものに共通すること
  • 不変は「かわらないこと
  • 不偏は「かたよらないこと

となり、「普遍」は使用例に「普遍的な真理」などがあり、「不変」は現状維持とも言い換えられる言葉で、「不偏」は公平や中立と言い換えることもできる、ということがわかりました。

慎むと謹むの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました