スポンサーリンク

質屋と買取専門店の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

サービス

「質屋」と「買取専門店」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも中古品を扱う店舗ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「質屋」と「買取専門店」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

質屋の定義

「質屋」を広辞苑で調べると、

質物(しちもつ)を担保として質入主に金銭を貸し付けることを業とする者。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「質屋」は担保を取り金銭を貸し付ける業者であることがわかりました。

「質屋」は、骨董品や高価なものを担保として、金銭を貸し借りする場所です。

例えば、貴金属やブランド品などが担保として使われます。

「質屋」から借りたお金には利子が付き、お金が返済できない場合は、担保にした品物が売却されてしまいます。

つまり「質屋」とは、価値の高い品物を担保に金銭を貸し借りする場所です。

created by Rinker
¥1,509 (2024/05/20 08:59:24時点 Amazon調べ-詳細)

買取専門店の定義

「買取専門店」は広辞苑に記載がないためWeblio辞典等を調べたところ、業者などが中古や使い古しの製品を中古品を一般消費者から買い取る業者であることがわかりました。

「買取専門店」は、様々な商品を買い取ってくれますが、特に高価な品物や人気のあるブランド品、古美術品などを取り扱っているのが一般的です。

商品を持ち込むと、専門スタッフが査定してその商品の価値を見積もり、買取価格が提示され売り手がそれを承諾すると、金銭を受け取ることができます。

「買取専門店」では、一般消費者から買い取った品物を、店舗やネットショップで売買して利益を得ています。

つまり「買取専門店」とは、一般消費者から中古品を買い取って販売する業者です。

created by Rinker
¥9,900 (2024/05/20 11:29:30時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「質屋」と「買取専門店」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 質屋は「担保を取り金銭を貸し付ける業者
  • 買取専門店は「中古品を一般消費者から買い取る業者

となり、「質屋」は価値の高い品物を担保に金銭を貸し借りする場所で、「買取専門店」は一般消費者から中古品を買い取って販売する業者であることがわかりました。

中古品とヴィンテージとアンティークの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

サービス
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました